2015年07月10日

新しい工法の非金属クラウン(被せモノ)講習会

o0800060013362022846.jpg

こんにちは!カゴハラ歯科院長の宮澤敬治です。
本日より、不定期にブログ書かせていただきます。

昨日、さいたま市で、歯科大学教授による「非金属クラウン」の講習会が開かれ聴講してきました。
自分が大学卒業してから、22年たちましたが、在学当時と比べ、被せモノは進歩、改良されてきました。
特に、天然歯に近い色調のクラウンの研究がたくさんされてきているようです。
このため、天然歯と寸分変わらず、強度もあるクラウンも開発されてきました。
しかし、新しい工法のもので、「患者さんに試しても大丈夫かな」と思うものもあります。
あたりまえですが、患者さんには、確かな治療・処置をするべきです。
当院では、従来の治療・工法でも、よいものは続けていくき、新しい治療・工法は、評価が定まったところで、積極的に取り入れています。
本講演会では、新工法の問題点にも話がおよび、勉強になりました。
講演後質疑応答が行われ、閉会は午後9時過ぎになりましたが、参加してよかったです。
講師の先生、遅い時間まで、熱心なご講演ありがとうございました。
posted by 院長・宮澤敬治 at 17:40 | ブログ